ウルトラ蒸し生姜の作り方とアレンジレシピ!ダイエット効果が期待できる!水炊き・こぶ茶・ドリンク!あさイチ!

NHKのあさイチ!でウルトラ蒸し生姜の作り方を紹介していました。
ウルトラ蒸し生姜
中国漢方で使われているショウガには二種類あり、生姜を乾燥させただけの生姜(ショウキョウ)、見た目が黒っぽい乾姜(カンキョウ)に分かれます。
この乾姜(カンキョウ)がウルトラ生姜という名前で紹介されました。
乾姜は生姜よりも値段も高く、体を中から温めてくれる生薬として珍重さています。

そしてウルトラ生姜よりも、さらに効果が高いのがウルトラ蒸し生姜!
このウルトラ蒸し生姜は普通の生姜よりもウルトラ生姜よりも、体をあたためる力が強いそうなので、寒さがきびい今時期にうれしいレシピです!
人間は体温が1度上がるごとに、免疫力が30%UPするらしいんです!!わたしも冷え症なうえ、季節の変わり目に風邪を引きやすかったりするので作ってみたいと思いました。

国産黒蒸し生姜粉末【ウルトラ蒸し生姜】60g【当日発送可】
by カエレバ

スポンサーリンク

ウルトラ蒸し生姜のダイエット効果

生の生姜には体の体温を下げる作用がありますが、加熱した生姜には体を温める効果があります。つまり、新陳代謝が上がることによって血流もよくなるし、脂肪燃焼率が上昇するということです。

◆ウルトラ蒸しショウガの作り方

1.ショウガのしま模様に注目。その繊維の目に沿って厚さ1~2ミリ程度にスライスする。
2.蒸し器の中にクッキングシートまたは、蒸し布を敷いて、ショウガを重ならないように並べる。
3.おおよそ30分程度蒸す。
4.天日なら丸1日。室内なら1週間程度干す。
※乾燥する際には、発火の恐れがありますので、電子レンジは使用しないで下さい。

▼作り方のポイント

ショウガが持つ水分量で、蒸し時間が変わるので、
においで蒸し上がりのタイミングの判断ができます。
最初はレモンのようなにおいがしますが、
蒸し上がってくると、少し甘いにおいになっていきます。

▼摂取量について

ウルトラ蒸しショウガは、1日2~3グラム。
胸焼けする方は、1グラム程度の量に控えてください。
刺激が強いので、過度に摂取すると、消化器を痛める恐れがあります。

▼保存方法について

からっからに乾燥させたら、ビニール袋や容器などに入れて密閉。
そうしておけば、3か月程度は日持ちします。
このとき、冷蔵庫などには入れずに常温で保存。
冷蔵するとかえって風味が悪くなります。

◆ウルトラ蒸しショウガのパワー

生のショウガには「ジンゲロール」という体を冷やす効果がある成分が多く含まれています。

これに乾燥や加熱を加えると、水分子のようなものが外れて、
「ショウガオール」という体を中から温める別の成分に変化してきます。

「ウルトラ蒸しショウガ」では、これまでの乾燥のみをしていた「ウルトラしょうが」に加えて、
この「蒸す」という一手間を加えているために、ショウガオールの量が1.2倍。

ジンゲロールが0.45倍になっていて、体感では「ウルトラしょうが」よりも、
3~4倍温かさを感じることが分かりました

▼ウルトラ蒸しショウガレシピ

◆ウルトラ蒸しショウガのドリンク


そのままでは、なかなか食べづらい「ウルトラ蒸しショウガ」。
そこで、手軽に飲めるドリンクを紹介しました。

◆ウルトラ蒸しショウガ紅茶


1.紅茶を作る。
2.カップ1杯に対して、ウルトラ蒸しショウガひと切れをめどに加える。

◆ウルトラ蒸しショウガこぶ茶


1.市販のこぶ茶の素で、こぶ茶を作る。
2.カップ1杯に対して、ウルトラ蒸しショウガひと切れをめどに加える。

ウルトラ蒸しショウガは、ショウガの風味が弱くなっています。
お好みで生のショウガをすったものを加えると、味に変化が起きて風味も増します。
また、冷蔵やアイスにしてしまうと、ショウガオールがジンゲロールに戻ってしまいますので、
保存するときも温かいままにしておくのが理想です。

◆ウルトラ蒸しショウガの水炊き


温まり効果を最大に引き出す料理として「水炊き鍋」を紹介しました。

材料・2人分

・お湯・・・0.8リットル
・昆布・・・1枚(ダシ用)
・酒・・・30ミリリットル
・鶏もも肉・・・400グラム(一口大)
・にんじん・・・2分の1本(150グラム)
・白菜・・・2~3枚(100グラム)
・しいたけ・・・大2個(50グラム)
・長ネギ・・・1本(130グラム)
・豆腐・・・半丁(150グラム)
・水菜・・・2分の1束(50グラム)

・酒かす・・・30グラム
・水・・・50ミリリットル
・ウルトラ蒸しショウガ・・・4グラム

作り方

昆布に水を入れて15分放置。塩を適量入れて火にかける。
沸騰したら、乾姜、鶏もも肉を入れる。
肉に火が通ったら、にんじんを入れる。
にんじんに火が通ったら、白菜、しいたけ、ネギ、豆腐、水菜を入れる。
味を確かめる。
酒かす30グラムと水50ミリリットルを耐熱容器に入れてレンジで2分。
酒かすをよくとく、これを鍋に入れてよくとく。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ