石狩新港東埠頭でサバ釣り!旨サバレシピと活き締め方法!

2013-09-23(月・敬老の日)
場所:石狩湾新港 東埠頭
釣果:良型のサバ2匹
天候:晴れ/  風/やや強い

祝日ということもあって、東埠頭は多くの釣り人で賑わっていました。
その隙間を縫って、釣り場を確保。

周りは長めのリール付きの磯竿をつかってましたが、
長いのを持っていないので、延べ竿をつかって釣り糸を垂らす。

仕掛けは、糸と針と錘と、ロケットこませかごだった思う。
針は、最近ハマっている100均のサビキ針。これが結構イイwink
ロケットこませかごの使い方は間違っていて、
下ではなく、上に付けていた(涙

今日は魚影が薄いようで、皆あまり釣れてない上に、
風が強めで身のまわりの荷物に気をくばりながらで落ち着かないthink

そんな時間を過ごしていると、母の竿にアタリが来たsign01

『なんか付いてる~ どうしたらいいの~』と、いつものんびりな母coldsweats01

わたしが急いで取り込んだのが意外と良型のサバ。狙い通りサバがついて良かった!

そのあとも母がもう一匹だけ釣り上げ、計2匹を調達。

釣り場ですぐに活き締めにするため、両方とも首を折ってきた。
サバは足が早い(傷むのが早い) ので、できればやったほうがいい。青魚に多い寄生虫、アニサキス対策にもなる。
わたしが知っている〆パターン2種類をご紹介します。

サバの〆方
①釣ってすぐに頭と首を包丁等で落とす
親指を頭側にして、エラに人差し指と中指を入れ、首を反らす。
首を折ったサバは海水に逆さまに入れて血をだす
どちらも氷が入ったクーラーに、
海水を入れて持ち帰るのが一般的らしいですが、
私は海水は入れずに氷だけで持って帰ってます。

釣ったサバでレッツ!クッキングrestaurant

釣りの後は、疲れているので簡単に調理ができる料理ばかり。。
今日は、サバをソテーにしてみます。

サバソテーのレシピ
①サバを開く
(頭を取ったサバの腹側から包丁を入れ、尾の方まで骨に沿って包丁を滑らす)
②開いたサバに塩を振り、1時間程度冷蔵庫へ。

③水分がほどよく抜けたところで、こしょうを振り、
両面に小麦粉をまぶして、油かバターを引いたフライパンで焼く。

④両面に焼き色がついたら皿に盛りつけて食べる。

料理といえるほどのものでもないけど、
盛り付けてみると、サバも意外と絵になりましたhappy02

実はこの料理を作る前に、父も連れて小樽色内埠頭にも行ってみた。
チカ狙いで内湾でチャレンジしたけど、全くダメ><
今年のチカは振るわない。温暖化で水温がよくないのか?
例年と時期がまったく合わない気がする・・いつくるチカ

石狩でサバが釣れる時期は、10月下旬くらいまででしょうか・・
北海道の長い冬が始まる前のレジャーで楽しみました^^

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ