アイアンシェフ『必勝!カツサンド』須賀洋介考案レシピ 受験前の願掛けメニュー

2013/01/18放送のアイアンシェフで、
試験、受験やテスト前に最適な願掛けレシピ、
『必勝!カツサンド!』が紹介されました。

※イメージ画像

考案したのはアイアンシェフ、須賀洋介シェフ。
須賀シェフは六本木ヒルズ内、ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションのシェフです。

須賀シェフがおすすめする
『必勝!カツサンド』の作り方

材料                            <ソースの材料>

ステーキ用牛肉 150g程度 ウスターソース 50CC
塩/こしょう 適量 バルサミコ酢 大さじ1
小麦粉 適量 ケチャップ 小さじ2
玉子 適量 インスタントコーヒーの粉 小さじ1/4
パン粉 適量 鷹の爪 1本
揚げ油 適量 ねぎの青い部分 1本分
食パン 2枚 にんにく 1カケ(つぶしておく)
バター 適量 しょうがの皮 適量
マスタード 適量
キャベツ 1~2枚

1. 牛肉の筋を切り、軽く叩いたあと、塩/こしょうをする
2. カツの要領で、小麦粉、溶き卵、パン粉の順番で牛肉に衣をつける
3. キャベツを少し太めの千切りにする
4. フライパンにオリーブオイルを入れ、3のキャベツを塩/こしょうで味付けしながら炒める

5. <ソース作り>
ソースの材料をボウルに入れ、野菜の香りがソースに移るまで、しばらく置いておく。

6. フライパンに牛肉がひたる程度の少なめの油を入れ、180度くらいになったら、
衣のついた牛肉を投入して、片面づつキツネ色になるまで揚げる
※須賀シェフのビーフカツの断面は、肉の中心に少し赤みが残る程度の揚げ具合でした。

7. 揚がったビーフカツの油を切り、5で作ったソースにひたして少しおいておく
8. 食パンを軽くトーストする
9. その間に、バターとマスタードを混ぜておく
10.トーストされた食パンの表面に9を塗り、炒めたキャベツ、ソースが染みたカツをサンド
11.好みの大きさに切って出来上がり。
須賀シェフは、いつも生のニンニク(一かけ)をポケットに入れているそうです。

これは、ニンニクには悪霊・吸血鬼を追い払い、
邪眼・疫病のお守りになるという言い伝えもあることからだそうです。

ここぞ!というときに、少しだけ力になってくれるかもしれませんね!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ