アイロンビーズで『ていぬくん』グッズ作り!図案がなくてもできちゃった!

アイロンビーズで手稲区のキャラクター『ていぬくん』を作ってみました。

私の住む北海道札幌市手稲区のご当地キャラクターが『ていぬくん』です。手の形をした犬、手犬ってことで『ていぬくん』手稲区ではかなりな人気者で、区役所ではいろんなグッズも販売されているほどです。

手稲区ご当地キャラクター『ていぬくん』

手稲区ご当地キャラクター『ていぬくん』



最近はまっているアイロンビーズ!ネット上の図案を参考にいろいろ作ってみて、だんだん自作欲がでてきました。「なにを作ろうかなぁ」と悩んだ結果、自分の住む町のご当地キャラ『ていぬくん』に決定!

スポンサーリンク


まずは、『ていぬくん』のイラストを見ながら、周りの黒枠から作成。顔の丸みや、目と口のバランスなど、いざ作ろうとすると図案がない0からのスタートは意外と苦戦。『ていぬくん』のポイントでもある五本の指型にするには、キーホルダーにしては大きめな完成となりました。でも、オリジナル作品第一号としては満足な出来です。ちょっとタレ目な『ていぬくん』です^^

アイロンビーズは、今や百均でも販売され始めましたね。子供にも大人気ですが、大人だってかなり楽しめますちょっと難しいところがいいんですかね!?ご年配の方には指先を動かしながら形を想像し、色を選ぶので、痴呆症予防にいいそうですよ!
作り方は簡単!

初心者だと、こういう筒状になったプラスチックを型通りに置いていって、形が完成したら、アイロンの熱でアイロンでビーズ同士をくっつけると、出来上がりです。

小さいお子様には、アイロンをかけるのは危ないので、親がやってあげたいですよね。

アイロンビーズで『ていぬくん』を作っている人がいないのか、お手本や見本がなかったので一苦労。なかなか難しかったですが、これをブログにアップすれば、ほかにも作りたい人の見本にできるかなぁと思ってがんばりました。で、完成したときの感動はひとしお。ちょっと目が垂れてしまったのですが、一作目にしては上出来かな。このあとに作った第二弾は、そっくりに仕上がりました。(ていぬくん第二弾
もし、『ていぬくん』を作りたいと思っている方、ご参考にしていただければと思っています。
また、欲しいという方は、おひとつ500円でお作りしますのでコメント欄から、お気軽に!

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ