骨盤底筋のトレーニング 下腹部の不快な症状をふっとばせ!!NHK「あさイチ」

なんだか元気がでない・・だるい・・

体の冷え、便秘、尿漏れ・・まわりにわかってもらいづらい体の悩み。

2013/1/21、NHKあさイチで紹介された「骨盤底筋」を鍛える運動は、
骨盤の中にある筋肉をきたえることで、冷え(※尿漏れをともなう冷え)や、
尿漏れ、便秘、姿勢の改善をし、お腹の中の温度を上昇させることができるそうです。

お腹の中には、前方から尿道、膣、肛門の順番に並んでいますので、
場所を意識しながらトレーニングするといいそうです。

<骨盤底筋肉トレーニングの方法>

肛門の動かし方

1.両足の膝を開いて、足の裏を合わせた姿勢になります。(カエルのような)

2.自分の尾骨(肛門の上にあるとがった骨)をお腹側に巻き込むつもりで力をいれます。

3.このとき、息を細く長く吐きながら力をいれつづけます。

4.ゆったりと息を吐きながら、肛門の力も緩めていきます。

尿道・膣の動かし方

1.両足を閉じ、ひざ同士をくっつける。ひざ下は、ハの字に開く。

2.ズボンのチャックを下から上に締め上げるイメージで尿道を締めます。
  尿道が意識しづらい人は膣をイメージして動かしてください。

3.このとき、息を細く長く吐きながら締めていきます。

4.ゆったりと息を吐きながら、尿道の力も緩めていきます。

あさイチの番組内では椅子に腰かけながらのトレーニングでしたが、
寝転がりながらやってもOKだとのこと!

【回数】
肛門側、尿道、膣側 の、締める・緩めるを5回づつ。
5回づつを、2~3セット繰り返します。
一日当たり、上記の2~3セットを3~5回つづけるのがおすすめだそうです。

意外と大変な運動になりますよね!

【注意】
妊娠中の方は、無理をしないようにしてください。
妊娠初期、高血圧、心疾患、呼吸器疾患のある方は、呼吸法を誤ってしまうと危険な場合もありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ