小樽・春のカレイ釣り開始!釣り場ポイントと釣果!

2014-04-26
場所:小樽厩(うまや)岸壁
時間:11:00頃~2時ごろ
天気:晴れ/時々突風
釣果:2匹
調理:カレイの姿揚げ
北海道の港ガイド 【道央】日本海編 

今年初の小樽釣り!
カレイがぽつぽつと釣れ始めているとの情報で、
まずは、若竹防波堤を偵察することにした。

連休初日ということもあって、 まぁまぁの入り。
防波堤よりも、陸に近い部分でのサビキが多い印象。

わたしたちは、防波堤先端までいき、
アリーナ側に向けてなんどもキャスト。

根掛かりはしないので、安心してキャストできるが、
アタリはまったくなし。朝マズメ狙いできていた人で、
クロガシラ30超えが一枚だったと帰り際に聞いた。

港内凪すぎて、釣り気も続かず、
色内をちょっと偵察後、
きょうは厩かなということで移動開始。


赤丸の部分でカレイ狙いの釣り開始!

コチラ側はテトラポットがあるので、取り込みや投げ込みが難しそう。

はじめて釣る釣り場に、少々戸惑う。

釣り開始から、なんどかテトラポットに仕掛けを引っ掛けてしまい、
相棒がテトラポットに下りて仕掛を取り返しに出かけていた(笑

それからしばらくして、こんどは根掛かり・・

それを思い切り引っ張って糸を切ると、
手のひらサイズのカレイがついていた。
こんな形の初ヒット!アタリがつかめない><

それからは、ずっーとアタリなし。

となりの大学生らしき二人は、じっとアタリを待っているせいか、
しっかり釣果を伸ばしていた。くやしい!!
こちらの竿も上げてみるか!?と、竿を持つ手に重さが!!
女の腕にはかなりな負担がかかる重さがずしり。
もしかして!と思い、一生懸命リールを巻き続ける!

そして、ついに(わたしにしては)大物ヒット!!


26センチ真カレイ?でした。
そのあと、もう一匹と頑張ろうとした矢先、
仕掛けをロストし、切り上げた。
 

 

 釣ったものは必ず食す!というのがわたしのポリシー

小麦粉をつけて、から揚げしました。
この時期のカレイと思わせる
子持ちだったのがうれしかった。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ