小樽色内埠頭で豆イカ釣り!夜エギングで初の釣果で感激ング!

2013-10-11夜、小樽に豆イカ釣りに出かけました。

日時 :2013-10-11
pm9:30頃~pm11:30までの2時間
釣り場:小樽色内埠頭
天候 :晴/無風/暖か/月なし/星あり
天気予報 :雨  警報:雷/強風/突風/波
釣果 :豆イカ12杯/イワシ1匹/ソイ1匹
道具 :ロッド/ヤマシタのエギ

札幌は小雨が降っていて、少しムッとする湿度があった。

最初は諦めることにしたけど、諦めきれずYahoo天気予報を見ると、
0:00~翌日の10:00までは晴れになっていたのでやはり行ってみた。

今回は、第一埠頭・厩のリベンジでもあった。

目的地はネットの情報で好調っぽい第一埠頭勢いこんで釣り場へ向かうと、船が停泊中で立ち入り禁止

仕方なく、色内埠頭に移動。
思ったよりもだいぶ釣り人が少ないが、
一等地は、若者男性4~5人グループのちょい投げと、
おじさん一人のサバ狙いで入り込むのは無理

少し場所をかえて、さっそくキャスト
エギングはエギと竿と糸だけでできて手軽なフィッシング!

エギに糸を結ぶのは面倒な作業なので、
輪を作っておいて、その中をエギを通すだけにしている。

『今日は釣るぞぉ~』といいながらも、
あまりにも釣り人がいないので『今日は釣れないのか?』と不安

しかも、意気込んで買ったオッパイスッテセットを家に忘れてきた。
これには涙がでるほど悔しく、自分を責めた。
だって、かなり高価なものだったし、あれさえあれば的な考えもあったし。
オッパイスッテ使ったことないし、イカ釣ったことないけど、
厩で釣ってたおじさんがスッテを使って結構あげていた記憶があった。 

きょうはエギ頼み。数回キャストを繰り返す。
風もなく、暖かい

こういう日は糸が扱いやすくて最高だ!
しかも流れ星までみられてたのしいぃ

少ししてアタリが!!
いままではこれで逃げられていたが、
きょうは完全に乗った感覚があった。
これがイカの当たりなのか!
グングンと二回ほど底にひっぱられる感触、
ゆっくりとリールを巻いてくるが、途中心配で当たりを感じながら巻いた。
ほんとうはそんなことはしないほうがいいことはわかってる。

『やったぁ!釣れた!釣れた釣れた!!』
もうはじめての豆イカに感動しまくり
念願の豆イカ 感激の豆イカ

自宅にいる母にも電話報告(笑

そのあともすぐに2匹をゲットしたんですが、
相棒が未だ0匹・・ 釣れないとふてくされるからドッキドキ

アタリがあっても釣れないと嘆き、それを励ましながら、
数分後、生まれて初めての豆イカを無事ゲット~~~
スミを吐かれても、それがまた、イカを釣った証でうれしい

いることが分かれば気合も違ってきます
サバ狙いの竿も用意しつつ、イカ釣り続行!

ふと西の空が光った 雷だ。
雷が近づいてきているようだ。
でもまだ音も聞こえないし、雨も風もない。

そのうちサバ竿がしなっているのを相棒が気づく。
経験から色内の夜はサバはあまり釣れないと思っている。
『ん?』と思ったら、やはりマイワシだった。一応ゲット

続いてエギング用に大きな当たりが。
大きめのイカか?ずいぶん暴れるなぁと引き上げると、まさかのソイ
たまにイカ以外がつくとは聞いていましたが、まさか自分が釣るとは(驚

しばらく当たりが遠きながら、ポツらポツら釣り、
11:30頃から雨が降り始めた。
海での天候の急変は一番危ないと肝に銘じている。
いつでも帰宅できるようにと、すぐに身支度。最小限の荷物にし続ける。

なにせ相棒が数回逃げられている。
最後に一パイ釣らせてあげたいし、釣ると言う。
粘る。粘る。そしてついにイカが来た!!
よし!帰るぞ!と車へ走る。
ゴロゴロゴロォ
とうとう雷も来た!
爆速でトランクに竿をしまう、が、ロッドの継ぎ目が取れない
わたしは半べそ状態。冷静な姉がロッドを積み込み、無事乗り込んだ。

なんだよ天気予報、0:00から晴れって、逆だろ 👿
携帯やカーナビで天気予報をみても、天候回復は望めない。
いいきっかけになったと諦め、帰宅することにした。

釣り上げたのは初めてにしてはいい釣果
2013-10-11 2時間程度の釣果
豆イカ12ハイ、マイワシ1匹、ソイ一匹

豆イカは調理も簡単でいい。
釣り魚の刺身は、なんとなく敬遠しているので、単純に茹でた。
初豆イカを堪能するには、刺身でなければ茹でだ

ぷりぷりで新鮮で柔らかくておいしいぃ
自分たちで釣ったからなおさらおいしい
初夏なら抱卵している豆イカが釣れるらしい。
ぜひ釣ってみたいと、気が早い妄想をする(笑

この後am2:30頃から石狩・後志地方には強風突風で竜巻警報が出た。

by カエレバ

そして後日、集魚灯を忘れてきたことに気づいた。
取りに行ったけど、すでに何者かによって盗まれていた。
警察に届け出たので出てくることを願ってます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ