男鹿の名物珍味「棒アナゴ」!トコロさんの学校では教えてくれない

クロヌタウナギのこと。

全身からヌタと呼ばれる粘液をだすことから、
クロヌタウナギとの名前がつき、
男鹿の漁師の間では昔から珍味として重宝されいたそう。

棒アナゴの通信販売男鹿のんめぇもんか、
楽天市場⇒男鹿産品加工開発協議会 棒あなごのどちらかで取り扱い。
↑こちら、秋田県物産振興会楽天市場店さんでは、すでに売り切れているかもしれません。。


食べ方は簡単。

棒アナゴをぶつ切りにして、炭火や魚焼き器で焼くだけ。
中は、ふわっ!外はパリッとしてジューシーな干物です。
大根おろしを添えるのがおすすめだそう。 

クルヌタウナギの漁を終えると、
すぐに加工がはじまります。

クロヌタウナギの頭に串をさし、
苦味のある内臓とぬめりをとる作業。

そしてすぐに乾燥させる作業へとりかかる。

77歳の漁師が24時間ぶっとおし、夜通し行われる。

手間と時間がかかることから、
今は、たった一人の職人と、その奥さんが作っているだけとなりました。

一回の漁で2000匹もとれるそうなんですが、
とれればとれただけ作業も多くなるので大変だそうです。
この方々が廃業してしまったら、もう棒アナゴは食べられません。
食べられるうちに食べておいた方がいいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ